メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本酒

「伊達セブン」販売開始 病気の父の志継ぎ、長女が酒造り奮闘 リーダー蔵・川敬商店 /宮城

 県内七つの酒蔵が共同で造る日本酒「DATE SEVEN(伊達セブン)」の販売が7日、始まった。全行程をすべる「リーダー蔵」を担当したのは「黄金澤」を醸す川敬商店(美里町)。1月に倒れた杜氏(とうじ)の父に代わり、酒造りに奮闘した川名由倫さんは(29)は「宮城の蔵の技術と知恵が詰まった酒をぜひ味わってほしい」と話す。

 本当は家業を継ぐ気はなかったという由倫さん。蔵元の一人娘という立場が疎ましく、醸造を学んでほしいと…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです