日本酒

「伊達セブン」販売開始 病気の父の志継ぎ、長女が酒造り奮闘 リーダー蔵・川敬商店 /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県内七つの酒蔵が共同で造る日本酒「DATE SEVEN(伊達セブン)」の販売が7日、始まった。全行程をすべる「リーダー蔵」を担当したのは「黄金澤」を醸す川敬商店(美里町)。1月に倒れた杜氏(とうじ)の父に代わり、酒造りに奮闘した川名由倫さんは(29)は「宮城の蔵の技術と知恵が詰まった酒をぜひ味わってほしい」と話す。

 本当は家業を継ぐ気はなかったという由倫さん。蔵元の一人娘という立場が疎ましく、醸造を学んでほしいと言う父の正直さん(68)に反発してきた。だが、教員を目指して東北学院大で学んでいたころ、東日本大震災が起きた。壊れた酒蔵で奮闘する父の姿を見て踏ん切りがつかなくなった。「私は何もしなくていいのか」。翌秋、酒造りの世界に飛び込んだ。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文705文字)

あわせて読みたい

ニュース特集