メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「放射線、話題にできない」 福島の被災者、現状講演 中区 /愛知

 福島県で放射線に関する知識の普及などを行っているNPO法人「ふくしま30年プロジェクト」の佐原真紀理事長(45)による講演会「福島にくらし 子どもを育てる」が7日、名古屋市中区で開かれた。東日本大震災の被災者支援に取り組む「名古屋YWCA」が主催し、大学生や主婦ら約30人が熱心に聴き入った。

     佐原さんは長女(13)の卒園式前日に福島市内で被災した。それ以降、放射線量の自主測定や正しい知識の普及に取り組んでいる。

     講演で佐原さんは「市民間で放射線に対する意識の分断が進み、話題にすることもできない」と福島の現状を紹介した。さらに、原発事故の風化に危機感を募らせているとして「忘れるように仕向けられている気がする。復興ばかりに向かい、市民の思いが置き去りにされている」と指摘した。【斎川瞳】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
    5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]