メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

住宅被害215棟 15市町に大雨特別警報 /兵庫

山肌が崩れ倉庫に押し寄せた土砂=兵庫県三田市上青野で2018年7月7日午前9時32分、粟飯原浩撮影

 「大雨特別警報」が北部に出された県内は7日も被害が相次いだ。大雨特別警報は兵庫では初めてで、県は発令された但馬、丹波、播磨地域の15市町に災害救助法適用を決めた。大雨特別警報は同日午後6時過ぎに解除されたが、神戸地方気象台は8日も土砂災害・浸水・河川の氾濫に注意するよう呼びかけている。【井上元宏、黒詰拓也、丸井康充】

 7日午後4時現在の県のまとめによると、住宅被害は全壊1棟(宍粟市)▽半壊4棟(三木市、宍粟市)▽一…

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1286文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです