メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

北九州市、崖崩れ212件 床上浸水26件、床下浸水93件 197世帯395人が避難 /福岡

 九州北部地方を襲った記録的大雨から一夜明けた7日、北九州市で発生した大雨の被害の概況が明らかになった。市のまとめでは土砂崩れに伴い2人が行方不明、2人が重軽傷を負った。この他、住宅の全壊1件、壁にひびが入るなどの一部損壊が25件、床上浸水26件、床下浸水93件、崖崩れが212件--などの被害が出た。市が開設した120の避難所には同日午後6時現在、197世帯395人が避難し、不安を募らせた。

 裏山が崩れ土砂が住宅に流れ込み、60代の夫婦が行方不明の門司区奥田の現場では、泥にまみれた自衛隊や警察、消防隊員らの姿があった。住宅の一階部分には土砂が流入して倒れかけているため、隊員らは住宅を重機で支えた上で、2階から入り込むなど、手作業で注意しながら掘り進めている。市などによると、この家が全壊し、救出された30代の女性が腰などを骨折し重傷。門司区大里東では、6日午前に坂道で足を滑らせた付近の…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです