特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

51人死亡76人不明 広島・愛媛で被害拡大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
堤防が決壊し、濁流に覆われた倉敷市の市街地。奥は高梁川=岡山県で2018年7月7日午後0時41分、本社ヘリから加古信志撮影
堤防が決壊し、濁流に覆われた倉敷市の市街地。奥は高梁川=岡山県で2018年7月7日午後0時41分、本社ヘリから加古信志撮影

 停滞する梅雨前線の影響による記録的な大雨は7日も、西日本を中心に降り続いた。各地で河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が拡大した。毎日新聞のまとめで8日午前0時半現在、全国で51人が死亡、1人が心肺停止、安否不明者は少なくとも76人に上った。岡山県倉敷市真備(まび)町地区では川が氾濫し、地区面積の約4分の1にあたる12・5平方キロが水没した。救助活動が続いているが、被害の全体像は分かっていない。

 死者は、広島県23人▽愛媛県18人▽岡山県3人--など。このほか安否不明者は、広島県47人▽愛媛県10人▽岡山県6人▽京都府4人--などとなっている。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文733文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集