メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

51人死亡76人不明 広島・愛媛で被害拡大

堤防が決壊し、濁流に覆われた倉敷市の市街地。奥は高梁川=岡山県で2018年7月7日午後0時41分、本社ヘリから加古信志撮影

 停滞する梅雨前線の影響による記録的な大雨は7日も、西日本を中心に降り続いた。各地で河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が拡大した。毎日新聞のまとめで8日午前0時半現在、全国で51人が死亡、1人が心肺停止、安否不明者は少なくとも76人に上った。岡山県倉敷市真備(まび)町地区では川が氾濫し、地区面積の約4分の1にあたる12・5平方キロが水没した。救助活動が続いているが、被害の全体像は分かっていない。

 死者は、広島県23人▽愛媛県18人▽岡山県3人--など。このほか安否不明者は、広島県47人▽愛媛県…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです