メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術「同意」も救済 法制化で与党チーム検討

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの不妊手術が行われていた問題で、与党ワーキングチーム(WT)は12日の会合から救済策の検討を本格化する。本人が手術に同意していたとされるケースでも幅広く国に救済を求める方向で議論する。与党は被害認定の方法や補償額などを詰めた上で、超党派の議員連盟とも連携しながら来年の通常国会での救済法成立を目指す。

 旧優生保護法には、都道府県の審査会や保護者の同意を経れば遺伝性疾患などがある人に強制的に不妊手術が…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです