メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 西日本を中心とした記録的な豪雨は各地で河川の氾濫や土砂災害を引き起こし、甚大な被害が明らかになりつつある。気象庁は「数十年に1度の大雨」として最大の警戒を呼びかける大雨特別警報を広範囲に発表し、各自治体も避難指示を出すなど対応したが、夜間に集中豪雨に見舞われた地域では犠牲者や行方不明者が多く出た。特有のもろい地盤も被害を大きくした。

この記事は有料記事です。

残り2515文字(全文2683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです