メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

米中貿易摩擦 津上工作室代表(現代中国研究家)・津上俊哉氏/中部大特任教授(国際経済)・細川昌彦氏

 米中の貿易摩擦は、幅広い品目で追加関税をかけ合う深刻な事態へと発展した。世界経済に影を落とす恐れもある。米中や世界経済に詳しい識者に話を聞いた。

安易な妥協できぬ習氏 津上工作室代表(現代中国研究家)・津上俊哉氏

 中国では昨年来、過剰債務問題の解消に向け引き締め政策をとった結果、中小企業の資金難や債務不履行の増大、投資の減退といった副作用が顕在化している。「貿易戦争」で輸出まで落ち込むのは避けたいと、米国からの輸入拡大など交渉による摩擦回避を目指してきたが、トランプ政権がここまで強硬とは想定外だっただろう。

 とはいえ、国家戦略である産業政策「中国製造2025」を掲げて世界一の製造強国を目指す中国は、要求に…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです