メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『読書という荒野』=見城徹・著

 (幻冬舎・1512円)

ピカレスク小説の主人公のよう

 小説でもノンフィクションでも作家だけでは本を作ることはできない。第1読者であり、プロデューサーでもある編集者の存在が不可欠だ。ただし、編集者の世界には「黒衣に徹する」という美学があるので、その仕事の実態は外部からよく見えない。出版社にはそれぞれ個性がある。見城徹氏が社長をつとめる幻冬舎は優しさと乱暴さが複雑に絡み合った独特の個性を持つ出版社だ。本書は見城氏の自伝、編集という特殊な文化についての紹介、作家論が有機的に結合したユニークな作品だ。

 見城氏は、慶應義塾大学法学部を卒業した後、廣済堂出版に入社する。入社後、初めて企画した『公文式算数の秘密』(1974年)は38万部のベストセラーになった。この成功体験が見城氏の編集哲学を形成した。<今思えば、公文式にはベストセラーになる条件が揃(そろ)っていた。/まず、オリジナリティーがあること。公文式は独自のノウハウで教師に教え方を指導していて、教材も自分たちで作っているのだから、オリジナリテ…

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです