メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『やっぱ志ん生だな!』 著者・ビートたけしさん

 (フィルムアート社・1512円)

「かなわない」名人の神髄

 昭和という時代に光を放った落語家、五代目古今亭志ん生。本書は、希代の名人への敬愛を込めながら、<困ったことにいまだに現代の人間に挑んでくる>その芸の神髄を鋭い切り口で、かつ痛快に論じる。

 「昔から志ん生・文楽(八代目桂文楽)論はよくやっていた。文楽はデッサンがやたらすごくてマチスかな、という感じがあって、志ん生さんはピカソだって。デッサンもできるけど、それに飽き足らない人」

 口をついて出てくるのは、志ん生へのあふれる思いだ。「どちらかっていうと、自分には志ん生さんの壊し方…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 大阪 小2女児ひかれ死亡 37歳会社員逮捕
  3. 名古屋 1歳男児はねられ死亡 23歳会社員逮捕
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです