メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『もうひとつの脳…』=R・ダグラス・フィールズ著、小西史朗・監訳、小松佳代子・訳

 ◆『もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」』

 (講談社ブルーバックス・1620円)

脳内情報処理を総合的に考える時

 話はアインシュタインの脳から始まる。相対性理論はよく分からないのに、独特の魅力がある。一九五五年、アインシュタインの遺体を解剖した病理学者は、その脳を残したい衝動を抑えられず保存液に漬けた。その三〇年後、神経解剖学者が、大脳皮質の前頭前野と下頭頂野の切片を調べた。前者は抽象化、計画立案に関わり、後者は損傷すると数学的思考が困難になることが知られている。あの理論を考え出した脳ならどこかに何か特徴があるはずだ。

 ところが、ニューロンの数、大きさ、見かけなどのいずれも対照群と何ひとつ違わなかった。ただ、グリア細…

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです