メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
大相撲名古屋場所

きょう初日 3連覇狙う鶴竜「しっかり集中」

土俵祭に臨む(左から)白鵬、鶴竜、豪栄道、栃ノ心=名古屋市中区のドルフィンズアリーナで2018年7月7日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所は8日、ドルフィンズアリーナで初日を迎える。7日は会場で土俵祭があり、三役以上の関取らが出席し、15日間の土俵の無事を祈った。3場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜は「しっかり集中して臨みたい」と意気込んだ。

 今年に入って充実した相撲を取っている鶴竜だが、昨年は「どん底」だった。皆勤は春場所のみ…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 松本人志さん、吉本社長に会見必要と訴える テレビ生放送で明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです