メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道

全日本女子学生選手権 藤崎が初優勝

決勝で佐藤を破って優勝した藤崎(右)=日本武道館で2018年7月7日、佐々木順一撮影

 学生剣道の女子個人日本一を争う第52回全日本女子学生選手権(毎日新聞社、全日本学生剣道連盟主催)が7日、日本武道館で行われ、明大3年の藤崎薫子(長崎・島原)が決勝で法大3年の佐藤みのり(岐阜・麗沢瑞浪)を延長戦の末に降し、初優勝した。

 8日は男子の第66回全日本学生選手権が行われる。

 10人勝ち抜きで争う全日本女子学生東西対抗試合は大将戦にもつれ込み、鹿屋体大4年の松本智香(福岡・筑紫台)が日体大4年の小川萌々香(同)を延長で降し、西軍が2年ぶりに勝利。通算成績を7勝5敗とした。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです