メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

長友選手「夢を持って」 被災地の仙台で、子供たちと交流

サッカーチームの子どもたちと記念撮影する長友佑都選手(中央)=仙台市若林区の蒲町小学校で2018年7月7日午後1時45分、滝沢一誠撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強入りした日本代表の長友佑都選手(31)が7日、東日本大震災で被害を受けた仙台市を訪れ、子供たちと交流し、犠牲者の慰霊碑に花を手向けた。

 長友選手は震災後、たびたび被災地を訪れている。5日に帰国してすぐの訪問となった今回は、同市若林区の市立蒲町(かばのまち)小学校で、市内のサッ…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです