メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

長友選手「夢を持って」 被災地の仙台で、子供たちと交流

サッカーチームの子どもたちと記念撮影する長友佑都選手(中央)=仙台市若林区の蒲町小学校で2018年7月7日午後1時45分、滝沢一誠撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強入りした日本代表の長友佑都選手(31)が7日、東日本大震災で被害を受けた仙台市を訪れ、子供たちと交流し、犠牲者の慰霊碑に花を手向けた。

 長友選手は震災後、たびたび被災地を訪れている。5日に帰国してすぐの訪問となった今回は、同市若林区の市立蒲町(かばのまち)小学校で、市内のサッ…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです