特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を決めたサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

サッカー

長友選手「夢を持って」 被災地の仙台で、子供たちと交流

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サッカーチームの子どもたちと記念撮影する長友佑都選手(中央)=仙台市若林区の蒲町小学校で2018年7月7日午後1時45分、滝沢一誠撮影
サッカーチームの子どもたちと記念撮影する長友佑都選手(中央)=仙台市若林区の蒲町小学校で2018年7月7日午後1時45分、滝沢一誠撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強入りした日本代表の長友佑都選手(31)が7日、東日本大震災で被害を受けた仙台市を訪れ、子供たちと交流し、犠牲者の慰霊碑に花を手向けた。

 長友選手は震災後、たびたび被災地を訪れている。5日に帰国してすぐの訪問となった今回は、同市若林区の市立蒲町(かばのまち)小学校で、市内のサッ…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集