メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

民家襲う土砂 濁流、すべなく(その1) 完成直後、砂防ダム崩壊 広島

 降り続く豪雨は西日本を中心に各地で甚大な被害をもたらした。河川の氾濫や土砂崩れで、街の様子は一変。広島では多くの家屋が土砂に押しつぶされ、岡山や愛媛では住宅街が濁った水にあっという間に覆われた。7日に入り、犠牲者や行方不明者の数は増え続け警察や消防の懸命な活動が追いつかない深刻な状況に陥った。

完成直後、砂防ダム崩壊 広島

 広島市安芸区矢野東7の梅河団地(約100世帯)では十数棟が倒壊し、10人が安否不明になっている。団地の山側には、今年に入って砂防ダムが完成したばかりだったが、大雨で崩壊した。周辺の道路が冠水して孤立した集落で、住民は不安の一夜を明かした。

 「ドーン」。20年近く団地で暮らす笹口美穂さん(46)は6日夜、雷とは明らかに違う異様な音を聞いた…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1866文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです