豪雨

懸命の救出活動続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
孤立していた病院からボートで救助される人たち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日午後0時22分、望月亮一撮影
孤立していた病院からボートで救助される人たち=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日午後0時22分、望月亮一撮影

 停滞する梅雨前線の影響による記録的な大雨は、河川の氾濫や土砂崩れの現場で懸命の救出活動が続いた。毎日新聞のまとめで8日午後1時現在、広島や愛媛、岡山など西日本を中心に全国で63人が死亡し、2人が心肺停止、安否不明者は少なくとも73人に上っている。

 岡山県警によると、8日朝、記録的な大雨で堤防が決壊…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文228文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集