メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉

アジアゾウゆめ花、妊活断念 沖縄から戻る

沖縄こどもの国でじゃれ合う姿を見せていたゆめ花(左)と琉人=2018年3月撮影(市原ぞうの国提供)

 千葉県市原市山小川の「市原ぞうの国」が飼育し、昨年11月、子づくりのため「沖縄こどもの国」(沖縄市)に渡っていたアジアゾウの雌、ゆめ花(11歳)が「妊活」を断念し、7日、市原ぞうの国に戻った。8日に報告会を開く。

 ぞうの国によると、ゆめ花は日本で生まれたアジアゾウとしては国内最年長で、日本生まれのゾウの出産はこれまでない。ゾウは一般的に10代で第1子を出産することが理想とされるが、ぞうの国に適齢期の雄がいなかった。そこで、ぞうの国は2016~17年に「ゆめ花をママに!」プロジェクトと銘打って寄付を募った。約20…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです