メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉

アジアゾウゆめ花、妊活断念 沖縄から戻る

沖縄こどもの国でじゃれ合う姿を見せていたゆめ花(左)と琉人=2018年3月撮影(市原ぞうの国提供)

 千葉県市原市山小川の「市原ぞうの国」が飼育し、昨年11月、子づくりのため「沖縄こどもの国」(沖縄市)に渡っていたアジアゾウの雌、ゆめ花(11歳)が「妊活」を断念し、7日、市原ぞうの国に戻った。8日に報告会を開く。

 ぞうの国によると、ゆめ花は日本で生まれたアジアゾウとしては国内最年長で、日本生まれのゾウの出産はこれまでない。ゾウは一般的に10代で第1子を出産することが理想とされるが、ぞうの国に適齢期の雄がいなかった。そこで、ぞうの国は2016~17年に「ゆめ花をママに!」プロジェクトと銘打って寄付を募った。約20…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです