防衛費

来年度、過去最大に 概算要求5兆円超か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛関係費(米軍再編関連経費を除く)の推移
防衛関係費(米軍再編関連経費を除く)の推移

 政府は、2019年度から5年間の次期中期防衛力整備計画(中期防)で、防衛関係費(米軍再編関連経費を除く)の伸び率を現行の年0.8%から1%超に拡大する方針を固めた。来年度の防衛関係費は22年ぶりに過去最大を更新する見通しだ。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」やF35ステルス戦闘機の導入費など高額な支出が見込まれており、安倍政権下で進む防衛関係費の増額が加速する。【秋山信一】

 防衛関係費(当初予算ベース)は1997年度の約4兆9412億円が過去最大だ。03年度から10年連続で減少したが、第2次安倍政権発足後の13年度から6年連続で増え、今年度は約4兆9388億円だった。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文806文字)

あわせて読みたい

注目の特集