メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ洞窟

「ただの不注意ないたずらっ子」批判少なく

洞窟で発見された少年ら=タイ海軍特殊部隊提供・AP

 【バンコク西脇真一】タイ北部チェンライ県の洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年12人とコーチの13人について、タイではインターネット上の一部で「自ら洞窟に入って行った」といった批判や自己責任論が見られるものの、大きな声にはなっていない。子供が大切にされる国情や、国民の9割以上が信仰する仏教に根差した考え方も背景にあるとみられる。

 タイのネット上では「彼らは自ら洞窟に入り籠もっていた。雨期に入るなんてただの不注意ないたずらっ子だ」などの批判が出ている。また、政府高官が「自然災害の被害者」だとして見舞金を出す方針を示したことなどにも、お金は洞窟の排水で水害を被った農民がもらうべきだという意見や「洞窟にいるだけでお金がもらえるなら、私も入りたい」といった書き込みもある。

 ただ、今のところ自己責任として批判する声は大きくない。

 タイの社会事情に詳しいバンコクの専門家は「タイでは子供は大人に守ってもらう存在だ。また、もともと(危険情報などについて)行政側による注意喚起などもあまりないからではないか」と指摘する。

 京大東南アジア地域研究研究所連携講師の外山文子さんは、政府高官が「コーチが責任を感じて気に病まないようにしてほしい」と呼びかけたことも関係するとみる。さらに「軍事政権にとっては軍が奮闘している姿を見せる良い機会であり、また一般国民は日本と違い、費用を国民が税金で負担しているという感覚が薄い。支援する人にとっては善行をする機会となっている」と話す。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 融資金詐取 てるみくらぶ社長に懲役6年判決 東京地裁
  5. 中国人姉妹殺害 40歳被告に死刑求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]