豪雨

「どうか助けて下さい」救助ツイート相次ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今回の記録的な大雨では、岡山や広島、愛媛などで被災者本人や、連絡を受けた親族・知人らが代わりにツイッター上で救助を訴える書き込みが相次いだ。住所を番地まで具体的に記したり、人数や年代、状況を細かく伝えたりする緊迫した書き込みが目立った。

 「どうか助けて下さい」「救助をよろしくお願いします」。川の堤…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集