メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

稲荷山古墳の鉄剣、銘文に新説 被葬者の「墓誌」の可能性 「古墳の墓碑に類似」奈文研・馬場基室長

馬場基さん

 115文字の銘文で知られる稲荷山古墳(埼玉県行田市)の国宝「金錯銘(きんさくめい)鉄剣」が、古墳に埋葬された人物の「墓誌」のような役割を持っていたという説を、奈良文化財研究所(奈良市)の馬場基(はじめ)史料研究室長が示した。銘文の内容と、山上(やまのうえ)古墳(群馬県高崎市)の墓碑「山上碑」の銘文が似ていることに注目した。死者に直結する情報が書かれていることになり、古墳の被葬者論争にも影響を与えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1083文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです