メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

白熱の「シュート」合戦=専門編集委員・川崎浩

 サッカー・ワールドカップも最終局面に入った。日本代表も活躍し、ファンもそうでない人も、それなりに一息ついた状況だが、音楽の「シュート」は大いに盛り上がっている。

 6月6日、昨年結成20周年を迎えたダンス・ポップ・グループ「DA PUMP(ダ・パンプ)」が3年半ぶりの新曲「U.S.A.」(エイベックス)を発表した。2000年を挟んで紅白歌合戦に連続5回出場する人気を獲得していたが、その後、メンバー脱退や活動休止などが続き、一般的には「懐かしの……」の枠に入れられそうなグループになっていた。が、「U.S.A.」が、彼らの起死回生の大ヒットになりそうな気配なのである。その注目ポイントが、シュートダンスである。

 シュートダンスは、2017年7月、アメリカのヒップホップアーティスト、ブロックボーイJBが発表した…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. サウジ記者殺害 CIA「皇太子が殺害を指示」 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです