メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

造形家・片桐裕司 長編監督デビュー 強み生かして夢実現

片桐裕司(左)が手がけたキャラクター=ルーベン・モナストラ撮影

 米ハリウッド映画の特殊メークやキャラクターデザインを手掛けてきた造形家の片桐裕司(ひろし)(46)が初の長編監督を務めたサスペンスホラー映画「ゲヘナ~死の生ける場所~」が30日~8月5日、東京都渋谷区のユーロライブで上映される。

 サイパンを訪れた米国人ら5人が洞窟に閉じ込められる密室劇。そこで遭遇するミイラのような老人は何者か? 序盤の伏線が結末の謎解きにつながる。「いつか監督としてハリウッドで映画を撮りたい」と抱い…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです