メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

病院浸水、孤立2日 患者、住民300人脱出 停電、断水続く不安 岡山・倉敷の真備地区

 西日本を襲った記録的な豪雨の爪痕が見えてきた。土砂に押し潰された住宅、一面が水につかった街並み。9日も救助活動が行われる一方で、犠牲者の数は増え続けた。被害の全体像はいまだ明らかになっていない。

 約8900世帯の半数を超える世帯が浸水し、2400人以上が一時孤立した岡山県倉敷市真備町地区(約2万2000人)。旧真備町の中心部はほぼ水没し、市役所支所も機能を失った。救助活動は7日から行われたが、丸2日たっても続いた。町内の一般病院「まび記念病院」(約80床)も1~2階部分が水につかり、入院患者や住民ら約300人が取り残される事態になったが、9日未明までに全員を救出した。

 病院は4階建て。氾濫した小田川の北約800メートルにある。一帯は7日朝から浸水し、近くの住民も避難…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2623文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです