メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイン特区

小規模ワイナリー開設 長野・坂城

年明けごろには長野県坂城町産のワインも味わえると語る成沢篤人さん=坂城町、安元久美子撮影

 長野県の「千曲川ワインバレー(東地区)特区」の坂城町で7日、ワインの醸造所を併設したレストラン「ヴィーノ・デッラ・ガッタ・サカキ」がオープンした。ワイン特区を利用した小規模ワイナリーの開設は町内では初めてで、坂城産のブドウを使ったワインを味わえる。ブドウ栽培から醸造まで手がける「坂城葡萄(ぶどう)酒醸造」の成沢篤人社長は「出来栄えがわかるので、毎年変わるワインの味に合った料理を提供できます」と語る。

 酒税法で酒造業者は年間6キロリットルの製造が必要になるが、ワイン特区内では区内の原料を使えば3分の…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです