メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨

死者117人、不明91人 迫る「発生後72時間」

 西日本を中心とした豪雨被害は各地で拡大し、毎日新聞のまとめでは、9日午後8時現在、13府県で117人が死亡、91人の安否が不明となっている。被災地は9日夜以降、生存率が急激に低下するとされる「発生から72時間」を迎え、自衛隊や警察などが懸命の救助活動を続けている。各地で崖崩れなどが発生し、道路が寸断。停電や断水も続いている。気象庁は9日、近畿、中国、九州北部などの梅雨明けを発表。各被災地で真夏日を記録しており、避難所などでの熱中症対策を呼びかけている。

 死者数の内訳は、広島46人▽岡山28人▽愛媛25人▽京都4人▽山口、福岡各3人▽兵庫、鹿児島各2人…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです