豪雨

4県15地点で総雨量1000ミリ超える

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
土砂崩れで崩落した高知自動車道上り線の立川橋=高知県大豊町で2018年7月8日午後1時40分、本社ヘリから加古信志撮影
土砂崩れで崩落した高知自動車道上り線の立川橋=高知県大豊町で2018年7月8日午後1時40分、本社ヘリから加古信志撮影

 西日本に停滞した梅雨前線や台風7号による大雨で、高知、徳島、岐阜、長野の4県15地点で総雨量が1000ミリを超えたことが、気象庁のまとめで分かった。全国で最も雨が降ったのは高知県本山町で1695.5ミリで、7月の平年値の約4.5倍の雨が短期間で降ったことになる。

 気象庁によると、総雨量は6月28日~7…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文356文字)

あわせて読みたい

注目の特集