メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮帰還

当事者の証言で振り返る 来年記録を発刊へ

北朝鮮での生活について振り返る朴永淑さん(右)=大阪市中央区で2018年7月8日、金志尚撮影

 日朝両政府が推進した北朝鮮帰還事業(1959~84年)を当事者の証言で振り返る「北朝鮮帰国者の記憶を記録する会」の設立集会が8日、大阪市内で開かれた。ジャーナリストや研究者らが参加し、脱北した元在日朝鮮人の話に耳を傾けた。

 会には、北朝鮮の内情に詳しいアジアプレス大阪事務所の石丸次郎代表や、文京洙(ムン・ギョンス)・立命館大特任教授らが参加。帰還事業では在日朝鮮人や日本人妻ら計約9万3000人が…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです