特集

剣道ライブ 学生優勝大会2021

全日本学生剣道優勝大会の特集ページです。

特集一覧

剣道

国士舘大4年の矢野貴之が初優勝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【第66回全日本学生剣道選手権大会】決勝で国士舘大の福居を降して優勝した同大の矢野(左)=日本武道館で2018年7月8日、渡部直樹撮影
【第66回全日本学生剣道選手権大会】決勝で国士舘大の福居を降して優勝した同大の矢野(左)=日本武道館で2018年7月8日、渡部直樹撮影

全日本学生選手権

 剣道の大学日本一を個人戦で争う第66回全日本学生選手権(毎日新聞社、全日本学生剣道連盟主催)が8日、東京・日本武道館で行われ、国士舘大4年の矢野貴之(福岡大大濠)が初優勝した。今秋の世界選手権の日本代表に唯一、大学生として選出されている筑波大2年の星子啓太(熊本・九州学院)を準決勝で破り、決勝で国士舘大3年の福居義久(水戸葵陵)を降した。

 20人勝ち抜きで争う全日本学生東西対抗試合は西軍が10大会ぶりの勝利。通算成績を西軍の17勝47敗1分けとした。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文921文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集