メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織圭、ベスト8目指しガルビスと対戦へ

ウィンブルドンで4回戦に進んだ錦織圭=2018年7月7日、AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第6日は7日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス3回戦があり、第24シードの錦織圭(日清食品)が、第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)に6-1、7-6、6-4でストレート勝ちして、4回戦に進んだ。

 ベスト16は2014、16年に並ぶウィンブルドン選手権の最高成績。4回戦では男子日本勢で1995年の松岡修造以来、23年ぶりのベスト8を目指す。8日は休養日のため、男女シングルス4回戦は9日に行われ、錦織は世界ランキング138位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)と対戦する。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです