メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出光興産・昭和シェル石油

来春統合 出光創業家側が了承

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合することで合意したと発表した。統合に反対していた出光創業家側が賛成に回ったことで、15年7月の方針発表から3年を経て、実現の見通しが立った。石油元売りでは、最大手のJXTGホールディングスに次ぐ企業が誕生することになる。

 経営統合は今年12月に両社が臨時株主総会を開いて承認を得たうえで、来年4月1日に出光が昭和シェルの発行済み株式全てを取得する株式交換によって実施する。統合会社の商号は「出光興産」とするが、「出光昭和シェル」のブランド名を使用する。

 統合会社の取締役会のメンバーは出光、昭和シェルからそれぞれ3人、出光創業家から2人を出す予定。出光…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです