メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

死者131人に 高齢者の犠牲大半 岡山・倉敷の真備、避難できず

 西日本を中心とした記録的な豪雨被害はさらに拡大し、毎日新聞の集計で10日午後0時半現在、13府県で死者が131人、安否不明者は少なくとも84人に上った。生存率が急激に低下するとされる「発生から72時間」を既に経過。真夏日が予想される被災各地では、救助、捜索活動が続いている。

     今回の豪雨では、多くの高齢者が犠牲になった実態も明らかになってきた。地区の約3割が浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町では28人が死亡。県によると、年齢が判明した20人はいずれも65歳以上の高齢者だった。

     真備町地区では1級河川・高梁川水系の支流が決壊。短時間のうちに濁流が住宅をのみ込んだとされ、災害弱者の高齢者が避難できないまま犠牲になった状況が浮き彫りになった。

     県によると、20人は66~91歳の男女。70代女性は家族と一緒に避難中にはぐれて死亡。90代の男性は自宅1階のベッドで遺体で見つかった。いずれも溺死の疑いがある。

     地区には他にも多数の安否不明者がいる。現地消防などは10日も高齢者宅を中心に回って確認を進めており、死亡者数がさらに増える可能性もある。

     広島県では10日までに、多数の住宅が土砂災害に巻き込まれた熊野町で、新たに3人の遺体が見つかった。同町でも複数の安否不明情報があり、県警や自衛隊が捜索を続けている。

     気象庁によると、被災地では今後1週間、真夏日が続くと予想される。10日も各地で午前中から気温が上がり、愛媛県西予市では30度を超えている。同庁は熱中症への注意を呼び掛けている。【益川量平、小山美砂、遠藤浩二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
    2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
    3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
    4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]