メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

死者131人に 高齢者の犠牲大半 岡山・倉敷の真備、避難できず

 西日本を中心とした記録的な豪雨被害はさらに拡大し、毎日新聞の集計で10日午後0時半現在、13府県で死者が131人、安否不明者は少なくとも84人に上った。生存率が急激に低下するとされる「発生から72時間」を既に経過。真夏日が予想される被災各地では、救助、捜索活動が続いている。

 今回の豪雨では、多くの高齢者が犠牲になった実態も明らかになってきた。地区の約3割が浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町では28人が死亡。県によると、年齢が判明した20人はいずれも65歳以上の高齢者だった。

 真備町地区では1級河川・高梁川水系の支流が決壊。短時間のうちに濁流が住宅をのみ込んだとされ、災害弱…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです