相馬市

エアコン補助対象拡大、要件を緩和 生活保護受給者ら /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 相馬市は9日、市内在住の生活保護受給者と、65歳以上の高齢者がいる住民税非課税世帯を対象に、エアコンの購入・設置費を補助すると発表した。国の制度では、今年度に新規で受給認定された世帯と転居世帯を対象に熱中症対策としてエアコン設置費を補助するが、相馬市は「新規だけを対象にするのは制度の不備」として独自の拡充を決めた。

 立谷秀清市長は「温暖化が進んでおり、生活保護世帯にエアコン設置を推奨する厚生労働省の考え方は極めて妥当。しかし、新規だけというのはおかしい」として、自らが会長を務める全国市長会としても対応を検討する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文540文字)

あわせて読みたい

ニュース特集