第100回全国高校野球

茨城大会 3校連合サヨナラ勝ち 岩瀬・真壁・筑波 竜ケ崎一も順当に /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念茨城大会(県高野連など主催)は8、9両日、水戸市見川町のノーブルホームスタジアム水戸(水戸市民球場)など6球場で1回戦計25試合が行われた。岩瀬・真壁・筑波の3校連合チームが結城一にサヨナラ勝ちしたほか、春夏通じて甲子園に10度出場した昨夏8強の竜ケ崎一が日立工に六回コールド勝ちし、順当に駒を進めた。10日は同スタジアムなど4球場で1回戦残り8試合が行われる。【川崎健】

この記事は有料記事です。

残り1705文字(全文1908文字)

あわせて読みたい