メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

象牙 日本からの密輸に批判

 日本で6月から象牙の取引に関する規制が強化されました。環境省は関東、中部、近畿、九州の四つの地方環境事務所に「象牙取り締まりGメン」を1人ずつ配置し、象牙を扱う業者に立ち入り検査して国に登録しているかなどを調べます。

 象牙はアクセサリーや工芸品に使われます。象牙をとるための密猟で、年間2万頭のアフリカゾウが犠牲になっているといわれます。アフリカゾウは絶滅の恐れがあり、野生生物の国際取引を規制するワシントン条約で1989年から象牙の輸出入が禁じられました。象牙の国内取引を禁止している国もあります。しかし、古くから和楽器や判子などに象牙を利用してきた日本は、今も国内での取引を認めています。日本には条約…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです