石川原遺跡

235年前の浅間山大噴火で犠牲 倒壊家屋、人骨3体 泥流から逃げ遅れか /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県埋蔵文化財調査事業団は9日、長野原町川原湯地区の石川原遺跡で、1783(天明3)年の浅間山大噴火に伴う「天明泥流」で倒壊した家屋の中から被災者とみられる人骨3体が見つかったと発表した。うち2体の頭蓋骨(ずがいこつ)などが現地で報道陣に公開された。浅間山大噴火に関連する犠牲者の発見は1987年以来約30年ぶり。【鈴木敦子】

 事業団などが今年4月から八ッ場ダム建設工事に伴う発掘調査を行っていた。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文855文字)

あわせて読みたい

注目の特集