特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

新潟大会 新井・岡本投手が完全試合 夏初 北越は強豪対決制す /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念新潟大会(県高野連など主催)は8、9日、残る1回戦計17試合が行われた。8日には新井の先発、岡本(2年)が羽茂を相手に夏の新潟大会初となる完全試合を達成した。【北村秀徳】

 8日は新潟市中央区の鳥屋野野球場など4球場で9試合が行われた。

 新井は初回、宮下(2年)、畔地(3年)の内野安打で出塁すると、宮崎(3年)の適時打で1点を先制。四回にも1点を加え、リードを広げた。守っては岡本が109球を投げ、奪三振16、内野ゴロ6、飛球5の完全試合で羽茂打線を寄せつけなかった。

 高田は村上と対戦。三回、死球で出塁すると桐山(3年)、富沢勇(3年)、佐藤(3年)の連続安打で3点を先制。七回にも4点を加え勝利した。村上は八回に3点を返すなど気を吐くも及ばなかった。

この記事は有料記事です。

残り2545文字(全文2889文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る