メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御在所ロープウエイ

新型ゴンドラを導入 あすリニューアルオープン レストランなど15億円かけ大改修 /三重

 菰野町の「御在所ロープウエイ」は11日、新型のゴンドラを導入し、リニューアルオープンする。今年度中に新名神高速道路の新しいインターチェンジが町内にできる好機を生かし、中京・関西圏からの誘客を狙い、約15億円かけて施設を大幅に改修した。【松本宣良】

     コンセプトは御在所岳(1212メートル)での「山時間を満喫する」とした。目玉のゴンドラは現有36両のうち、10両を新型(乗車定員8人)に刷新。伊勢平野や伊勢湾の絶景をより楽しめるように窓を大きくし、床面に御在所岳の自然を見下ろせる窓も2カ所設けた。

     ロープウエーが到着する「山上公園駅」の隣には新たな展望レストラン「ナチュール」を整備。座席数は約100席で、抜群の眺望を眼下に人気の洋食などを味わえる。

     ロープウエー乗り場の前には、登山客向けのアウトドアショップ「モンベル」を出店。店舗オリジナルのTシャツや水筒も含め、約400種の登山用品を販売する。

     リニューアルに伴い、ゴンドラの乗車運賃は往復大人(中学生以上)が2400円(現行2160円)、子供(4歳以上)は1200円(同1080円)に改定される。

     8日は内覧会があり、地元関係者らが一足早く新型のゴンドラに乗って歓声を上げていた。11日は午前11時から営業を開始し、乗客先着200人に記念品が贈られる。

    〔三重版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    2. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
    3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]