メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/62 JR福知山線脱線事故から13年 企業変えた遺族追う /大阪

事故現場のマンションは一部を残して追悼施設になっている=兵庫県尼崎市で2018年4月、松本創さん撮影

 いったいどれほどの衝撃だったのか。列車がひしゃげ、ぺちゃんこになった事故の映像を見た時、車中にいたはずの乗客を想像して身の毛がよだつような思いに駆られたのは私だけではなかったはずだ。2005年4月25日に発生したJR西日本の福知山線事故のことである。

 脱線してマンションに突っ込み、運転士を含み死者107人、負傷者562人を出したJR発足後最大の鉄道事故は、なぜ起こったのか? その真相究明を求め続けた遺族がいた。都市計画コンサルタントの浅野弥三一(やさかず)さんだ。2両目に乗り合わせた妻と妹が死亡、娘が瀕死(ひんし)の重傷を負った。その浅野さんが、JR西に対し、被害者と第三者が加わった共同の検証作業を求め実現させた。この過程を10年あまり追ったのが、神戸市在住のジャーナリスト、松本創さんだ。この4月に『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』(東洋経済新報社)を出版した。

 「官僚組織より官僚的と言われたJR西は、事故原因を運転士個人の過失に帰せようとして、会社の風土や経営体質の問題を頑として認めようとしませんでした。肉親を失った浅野さんは、怒りや責任追及を脇に置いて『原因究明が遺族の社会的責務』だと唱え、JR西に共同検証を認めさせました。それからこの巨大企業は少しずつ変わり始めたと思います」と松本さんは言う。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです