メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

県内、2人死亡10人重軽傷 建物被害は664棟 /兵庫

土砂崩れで男性1人の遺体が見つかった現場=兵庫県宍粟市一宮町公文で2018年7月9日午前10時51分、幸長由子撮影

 8日まで降り続いた大雨で、県内では宍粟市で土砂崩れで倒壊した家屋から63歳の男性が遺体で発見されるなど2人が亡くなり、10人が重軽傷を負った。建物への被害は全壊5棟など計664棟、土砂崩れは287カ所に上った。県は「災害マネジメント総括支援員」の職員を広島県呉市に派遣するなど、被災地支援を始めた。【西日本豪雨取材班】

 県によると9日午後4時現在、建物被害は全壊5棟(宍粟市)▽半壊4棟(宍粟、神戸、三木市)▽一部損壊…

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1045文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです