メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

河川ポンプ、一時停止 浸水被害相次ぐ 鳥取・吉成地区 /鳥取

豪雨で浸水被害に遭った家屋=鳥取市吉成南町1で、同市提供

 西日本に甚大な被害をもたらした記録的豪雨で、鳥取市の中心部を流れる1級河川・千代川支流の清水川があふれ、同市吉成地区の住宅で浸水被害が相次いでいたことが分かった。深沢義彦市長は、同地区の排水機場の排水ポンプが停止し、水があふれたためと説明。その上で「(管理運営の)責任はあると考えている」と述べた。

 市都市環境課によると、6日午後5時40分に水位が4メートルを超えたためポンプを稼働させたが、7日午前3時40分ごろに停止した。調査の結果、排水ポンプの過熱を防ぐための冷却水がなくなったためという。再稼働まで約2時間半かかった。

 市の被害状況(9日午前9時現在)は、住宅の浸水被害が24棟(床上3棟、床下21棟)。清水川の氾濫は7日午前5時ごろとみられ、地区内の被害はそのうち7棟に上る。深沢市長は「詳しい原因を調査し地元住民の方に説明した上、支援をしていきたい」と話している。【阿部絢美】

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです