メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

交通網、復旧見通し立たず 国道、県道65カ所通行止め /山口

 九州北部・山口が梅雨明けした9日、豪雨で寸断された県内交通網の復旧作業も本格化し始めたが、土砂崩れなどでたどり着けない現場も多く、全面復旧の見通しは立っていない。

 JR西日本によると、山陽線光-下松間の光市虹ケ丘で、斜面が崩れて線路が土砂に埋まった。岩徳線の高水-大河内間3カ所でも盛り土の流出など大きな被害が出た。他にも線路への土砂流入や電気設備の水没が多発したが、道路の通行止めで現地確認ができないなどのため、全容把握には至っていない。

 山口線の益田-宮野間は10日始発から再開する予定だが、山陽線岩国-徳山間と、岩徳線全線は運休したま…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文701文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです