メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石木ダム

事業認定取り消し訴訟 「不当判決」怒りあらわ 敗訴の住民側、控訴の方針 /長崎

 石木ダム事業を巡り、国の事業認定の取り消しを求めた反対地権者らの請求を全面的に退けた9日の長崎地裁判決。原告側の住民は怒りをあらわにし、「今後もダム建設に反対する」と決意を新たにした。一方で、事業を進めたい県側は、原告敗訴の判決に胸をなで下ろした。【綿貫洋、浅野翔太郎、加藤小夜】

事業推進県側は胸をなで下ろす

 午後3時の判決に先立ち、長崎地裁前には原告や支援者らが詰めかけた。判決を受け、弁護士らが「不当判決」などと書かれた幕を掲げると、支援者らからため息が漏れた。

 原告の一人で、水没予定地の川棚町川原(こうばる)地区で暮らす炭谷猛さん(67)は「私たちが本当に戦…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです