メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

桜島で土砂崩れ、夫婦死亡 市長が現場で黙とう /鹿児島

 西日本を襲った記録的豪雨は九州南部にも被害をもたらした。鹿児島市・桜島(古里町)の山元虎彦さん(84)、澄子さん(84)夫妻が土砂崩れに巻き込まれて亡くなった現場では9日午前、森博幸市長が献花して黙とうをささげた。

 山元さん方の裏山は高さ約40メートル、幅約20メートルにわたって崩れ、大量の土砂が山元さん方と隣の空き家に流れ込んだ。現場は県指定の土砂災害警戒区域で、市によると表面の土壌が崩れる表層崩壊が起きたとみられる。

 森市長は「大変残念。このような場所を再度点検して事前対策を図りたい」と述べた。近くの住民11世帯1…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです