メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

免許 高齢者向け試験新設を=新井平伊・日本老年精神医学会前理事長

 昨年3月に施行された、75歳以上のドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法(道交法)により、高齢者の運転免許返納や取り消し処分が増えている。これは新法の成果だろう。しかし、さまざまな症状の認知症の人をひとくくりにし、免許更新の適否を認知機能検査で判断する手法には問題点も多い。さらなる法改正が必要と考える。

 検査は75歳以上の人が主に免許更新時に受ける。記憶力、判断力を問われ▽「認知症の恐れ」(第1分類)…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1285文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです