メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

基地負担軽減協議、沖縄初開催 政府、宜野湾市長と連携強調

 政府と沖縄県、宜野湾市は9日、米軍普天間飛行場(同市)の負担軽減策を検討する作業部会(座長・杉田和博官房副長官)を那覇市の沖縄県庁で開いた。自民党沖縄県連から11月の県知事選への出馬要請を同日に受けた佐喜真淳・宜野湾市長も一部出席。知事選での与党勝利を見据え、政府と佐喜真氏が負担軽減に一体で取り組む姿勢をアピールした。

 2014年3月に始まった作業部会は9回目で、沖縄での開催は初めて。各事務方トップの官房副長官、副知…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです