参院選挙制度改革

自民案きょうにも採決 公明案は参院委で否決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 参院自民党は9日、参院定数を「6増」するために同党が提出した公職選挙法改正案の採決を見送った。西日本豪雨の被害が広がる中での強硬な運営を避け、公明党が提案した自民案の修正案を検討する時間を確保するため。一方、11ブロックの大選挙区制を導入する公明案の採決が倫選特で行われ、賛成は公明のみで否決された。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文373文字)

あわせて読みたい