メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

きょう訪欧 米欧改善の糸口見えず

EUに敵意むき出しのトランプ米大統領

 【ロンドン三沢耕平、ブリュッセル八田浩輔、ワシントン高本耕太】トランプ米大統領が打ち出す保護主義策によって米欧関係に深い亀裂が走っている。高い関税をかけ合う「貿易戦争」だけでなく、米国が離脱したイラン核合意を巡る対立も深刻化。トランプ氏は10日から欧州を訪問するが、最近は怒りの矛先を中国から欧州にシフトさせるかのような発言も続けており、関係改善の糸口は見えていない。

 トランプ氏は11日に開幕する北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する。欧州側の加盟国にとってはトランプ氏の「NATO軽視」とロシア接近に不安を抱える中での開催となる。カナダで開いた先の主要7カ国首脳会議(G7サミット)では貿易問題で米欧が激しく対立。トランプ氏との顔合わせは、「けんか別れ」に終わったそのサミット以来となる。

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです