メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
トランプ米大統領

きょう訪欧 米欧改善の糸口見えず

EUに敵意むき出しのトランプ米大統領

 【ロンドン三沢耕平、ブリュッセル八田浩輔、ワシントン高本耕太】トランプ米大統領が打ち出す保護主義策によって米欧関係に深い亀裂が走っている。高い関税をかけ合う「貿易戦争」だけでなく、米国が離脱したイラン核合意を巡る対立も深刻化。トランプ氏は10日から欧州を訪問するが、最近は怒りの矛先を中国から欧州にシフトさせるかのような発言も続けており、関係改善の糸口は見えていない。

 トランプ氏は11日に開幕する北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席する。欧州側の加盟国にとってはトランプ氏の「NATO軽視」とロシア接近に不安を抱える中での開催となる。カナダで開いた先の主要7カ国首脳会議(G7サミット)では貿易問題で米欧が激しく対立。トランプ氏との顔合わせは、「けんか別れ」に終わったそのサミット以来となる。

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです