メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米テスラ

中国で2割値上げ 報復関税受け

 【北京・赤間清広】大規模な制裁合戦に発展した米中の貿易摩擦の影響が広がっている。米電気自動車大手テスラは、中国が6日に発動した報復措置で米国産自動車に25%の追加関税が課されたことを受け、中国で販売する車両の価格を約2割、引き上げた。テスラは米国以外に工場を持っておらず、中国で販売する車両の全てを米国からの輸入に頼っている。追加関税の影響が直撃した形だ…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです