メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国医療機関調査

医師の労働負担重く 軽減取り組み3割

 厚生労働省が2月にまとめた医師の負担軽減の緊急対策について、既に検討を始めたり、取り組みを始めたりしている公立や私立の病院は26・8%で、大学病院は30・3%だったことが9日、分かった。省内の有識者検討会で実施状況が報告された。「実施予定」と合わせると、病院は6割、大学病院は8割となる。

 対策の柱とされる、業務の一部を看護師などに任せるタスク・シフティング(業務移管)は「従前(対策前)より原則実施」…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです